アイフルの必要書類はバラエティ豊かに対応可能だ!

アイフルの必要書類はバラエティ豊かに対応可能だ!

アイフルキャッシングの必要書類はこれだ!

カードを使って手軽に小口の融資が受けられるキャッシング。手軽さ最近では利用する人が増えています。金融機関や消費者金融を始め、今やキャッシングを扱っているところは沢山ありますが、中でもオススメしたいのがアイフルです。
アイフルは消費者金融の中でも大手で知名度も高く、全国展開をしているので利便性が高い会社です。アイフルの場合、カードを作る際必要な書類は2つ。この2つの必要書類も、いくら借りるかによるのですが、50万以下であれば、なんと運転免許証だけで良いのです。もし運転免許証を持っていないという人がいたら、パスポートや健康保険証、住民基本台帳カード(通称:住基カード)でもOK。更に、外国国籍の人であっても、在留カード、特別永住者証明書、その他の公的証明書類(※氏名・生年月日・住所・顔写真付きであるもの)さえあれば、借りることができるようになっています。
運転免許証やパスポートといったところまでは他のキャッシング会社でもよく見られる条件ですが、住基カードや在留カードのような証明証まで身分証明として使えるところが大手のアイフルならでは。お客様目線の柔軟なサービスで、借り側のことをよ〜く考えてくれる会社です。

 

カードローンの決め手はコチラで確認

こんな時必要書類が増えます

さて、前出で50万円以下、と条件を付けたので、今度は50万円を超える金額についてお話しましょう。

50万円を超える場合、前出の身分証明書の他にも収入を証明できる書類が必要になります。収入証明に関する書類としては、源泉徴収票、給与証明書(会社員の場合)、確定申告書(個人事業者、または複数の会社から所得がある場合)、所得証明書があります。源泉徴収票や給与証明書は務めている会社からもらいます。確定申告書は手元に有る直近のもので、税務署に届け出たものの控えです。所得証明書は住んでいる自治体で発行してもらいます。(有料の場合あり)また、住民税決定通知書でも収入を証明することができ、アイフルでも収入証明書として有効です。このように見てみると、他のキャッシング会社に比べて、身分証明でも収入証明でも、アイフルは対応可能な書類のバラエティが豊かだという印象です。
こちらの書類は、アイフルでのみ50円以上を借りる場合の他にも、今現在他社でも借り入れをしていて、アイフルでの借り入れを合わせて、総額が100万円を超える場合にも必要となりますので注意が必要です。源泉徴収票や確定申告書、住民税決定通知書は手元にある場合が多いのですが、それがなければ所得証明書や給与証明書を所定の場所に請求して準備する必要があります。

アイフルはスピーディ

スピーディさが求められているキャッシング業界の中でも、アイフルは特に審査や借り入れまでがスピーディだと定評があります。朝出して夕方バッチリのクリーニング屋さんの宣伝文句ではありませんが、アイフルはその上を行く速さです。もし他社を含めて初めての借り入れ、長年会社員と何も問題がない人であれば、午前中の申し込みで午後に借り入れは十分可能です。
お急ぎの場合は、インターネットでお申し込みの後に電話で相談をすると優先的に手続きを進めてくれる親切ぶりです。電話で申し込み状況の確認が取れて、こちらの事情も考慮してくれるなんて、さすがはアコムです。これなら、急な物入りでも、焦ることなく、現金が準備できるので、本当に助かりますよね。もちろん、予め出費の必要性が考えられるなら、先に申し込みをしてカードだけ手元に準備しておく方法もあります。急いで契約をすると、何かしら不備が生じることもありますので、手前で準備しておくことは非常に有効な方法です。
もし、忙しくて店舗に行く時間がない、近くにアイフルのお店や専用の無人契約機がないという方は、このように便利に申し込み、スピーディな審査が可能なアイフルを是非一度チェックしてみてください。

 

カードローンの決め手はコチラで確認

関連サイト

家賃が払えない!その時どうする!?そうだ、ローンがあるじゃないか!・・・家賃のようなローンでは比較的少額な融資だってキャッシングが最適、キャッシングの注意点といった話題満載です。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ