借りるより多く払うということ

アイフルの必要書類はバラエティ豊かに対応可能だ!

借りるより多く払うということ

基本的に、どこのキャッシングでも、イエ、キャッシングに関わらず融資でもなんでも、借りたお金には利息を付けて返済をします。図式で表すと「借りたお金<返済総額」となります。これが世間一般の常識です。ただ、中には、この利息の部分を部分を忘れてしまうという人もいます。便利に使うのはとても良いことなのですが、ただ借り入れをしてハッピーということで終わらず、借りる側のマナーとして、しっかり返済することを覚えておかなければいけません。
貸金業者は、お金を貸して得た利息が売上げとして生業を立てていることを考えれば、プラスアルファが会社にとってとても大切なものということが納得できるはずです。更に、使いすぎは自己破産への第一歩。これは言い過ぎでもなんでもなく、事実、収入<借金となってしまえば返済が滞ってしまい、最悪の場合自己破産という言葉が現実となりかねません。それを防ぐためにも、キャッシング(借金)はあくまでも自分の収入の範囲内にしておくこと。この2つのことをしっかり覚えておいて、貸す側も借りる側も、両方が気持ち良く取り引きにしたいものですね。
貸金は仕事とは言え、双方の信頼関係があってこそ成り立つものなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ